床矯正(SH療法)

市岡歯科クリニックの床矯正治療

子供から大人まで対応した最新矯正治療“SH療法”

年々、治療より予防に力を入れている歯科医院が増えてきていますが、適切な予防は正しい歯並びがあってこそ。

また、成長期の環境の変化により、昔と比べると子供の歯は大きくなっていますが、その一方で、あごの発育が上手くいかず歯列不正になる子供が散見されます。

放っておけば、大人になるにつれ、むし歯や歯周病だけでなく、睡眠時無呼吸症候群や顎関節症などの疾患に悩まされるリスクが高くなります。

床矯正とは、子供の成長を利用し、本来のあごの大きさまで広げてあげることで綺麗で健康的な歯並びにする矯正治療ですが、これまでは子供特有の治療法でした。

しかし、子供から大人までに対応した床矯正が開発されたのです。それが「SHA」と呼ばれる装置を使ったSH療法です。相模原市では当院のみが取り入れている床矯正になります。

審美と健康を視野に入れた矯正治療

このSHAと呼ばれる装置は、スライデックス(SlideX)というスプリングを組み込んだものです。ネジの調整によって小さいあごを本来のあごの大きさまで少しずつ広げていくことができます。ボルトとナットの関係をイメージして頂けるとわかりやすいです。

歯を抜いて作った空間を利用したオーソドックスな矯正治療と比べ、SH療法のメリットはいくつもあります。少し列挙してみましょう。

1日連続8時間の装着

睡眠時間が8時間の方は寝ている間だけ装置を付けていればOK。

いつでも着脱可能

ワイヤーを使って装置を歯に固定するブラケット矯正と違い、装置の着脱がいつでも可能です。食事や歯磨きなどに外すことで、綺麗な口内環境を保てます。

歯を抜く必要がない

あごを本来の大きさに広げる矯正ですので、歯を抜かずに歯列を整えることができます。年齢を重ねたときに、自分の歯が残っているので口元全体の機能低下をおさせることができます。

様々な疾患や症状の改善

歯列不正で起きやすいむし歯や歯周病だけでなく、睡眠時無呼吸症候群や顎関節症などの疾患の改善も期待できます。審美的にはもちろん健康的な観点にも考慮しています。

SH療法は小さいあごを本来のあごの大きさに戻すことで、綺麗に歯並びを整えて健康的な噛み合わせにする治療です。ですので、食事指導はもちろんのこと、舌や口元の筋肉の向上など、トータルサポートもその治療の一貫になっています。

カウンセリングは無料です。これまで歯並びを治したいと思っていても、恥ずかしさや痛みなどで、躊躇していた方は是非ご相談ください。