インプラント

市岡歯科クリニックのインプラント治療

審美と機能を兼ね揃えた新治療

むし歯や歯周病などを軽視してしまい、30代で歯を失う人は意外と少なくありません。

特に永久歯は代わりのきかない歯ですので、失ったまま放置しておくと、噛み合わせにズレが生じたり、歯並びが悪化したりするなど、周辺の歯にも負担をかけてしまいます。

歯を失った場合の治療法としては「入れ歯」や「ブリッジ」といった、いわば穴埋め的対処法が一般的です。これらの治療法には、当然、メリットとデメリットがあります。

ただ、「歯がぐらつき上手に噛めない、話せない」や「歯茎が下がる」などの短所は、多くの患者様に我慢を強いらせ、ストレスを与えることになります。

最新の治療法“インプラント”

そこで入れ歯やブリッジといった穴埋め的対処法の代わりに登場したのが、インプラントと呼ばれる治療法です。

これはあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着するというものです。総入れ歯の代わりとしても快適な代替方法と言えます。

このインプラントという治療法が生み出されたことで、健康な歯に負担をかけたり、削ったりすることがなくなりました。

また、天然歯に近い見た目と機能を兼ね揃えていますので、メンテナンスさえしっかり行えば、ほぼ一生ものになります。

ただし、油断は禁物。インプラントでは、入れ歯やブリッジより計画的かつ細かなメンテナンスが求められます。ですので、お口の健康状態を管理できない方や、メンテナンスを行う気力や体力を維持できない方は、インプラントを避けたほうが良い場合もあります。

ここまでの説明からもわかるように、インプラントは一般治療とは違い、慎重にならざるを得ません。

また保険診療外診療となるので経済的な問題も生じてきます。そのため、患者様と歯科医との密接なコミュニケーションが欠かせません。

当然、当院では治療を行う前に、インプラントの治療内容だけではなく、治療後のメンテナンスや管理方法なども含めて丁寧にご説明します。インプラント治療は、患者様の理解が大前提です。

インプラント治療をご希望の場合、事前に当院にお問い合わせください。